アーカイブ


スピードリンクジャパンはいろいろな事業を展開している会社です。ただし個人的には、会社とはあくまでも“箱”だと思っています。その箱に入ってきた人、つまり社員の価値をどれくらい高められるかというのが、会社を経営していく上での重要なテーマだと考えています。

そのベースにあるのは、長く続く会社を作りたいという強い想いです。よく「100年企業」といいますが、これを目標にチャレンジを続けています。100年企業になるためには、それなりの規模が必要です。「量」と「質」の両方が重要となり、一流の人材を多く育成しなければなりません。そこで私たちのミッションとなるのが「人の価値の最大化」ということなのです。

人材の価値を高めるには挑戦できる環境、最新技術のプロジェクト、一緒に勉強できる仲間、適した成長ステップ、ちょっとした遊びやゆとりなど様々な要素が必要です。それらの要素を会社という”箱”に詰め込んで、本人の主体性と掛け合わせれば、価値は自ずと上がっていくでしょう。

スピードリンクジャパンはいろいろな事業を展開している会社です。ただし個人的には、会社とはあくまでも“箱”だと思っています。その箱に入ってきた人、つまり社員の価値をどれくらい高められるかというのが、会社を経営していく上での重要なテーマだと考えています。

そのベースにあるのは、長く続く会社を作りたいという強い想いです。よく「100年企業」といいますが、これを目標にチャレンジを続けています。100年企業になるためには、それなりの規模が必要です。「量」と「質」の両方が重要となり、一流の人材を多く育成しなければなりません。そこで私たちのミッションとなるのが「人の価値の最大化」ということなのです。

人材の価値を高めるには挑戦できる環境、最新技術のプロジェクト、一緒に勉強できる仲間、適した成長ステップ、ちょっとした遊びやゆとりなど様々な要素が必要です。それらの要素を会社という”箱”に詰め込んで、本人の主体性と掛け合わせれば、価値は自ずと上がっていくでしょう。

会社経営と社員教育に必要なことは、すべて子育てから学びました。

実は私、社長であると同時に7人の子どもの父親でもあるんです。社長と父親、2つの役割をこなしながら日々実感しているのは、子育てと会社の経営って、実は共通点が多いということです。いや、ほとんど一緒でしょうね(笑)。私の社員教育のベースにあるのは、実は子育てなんです。自分の子供たちに接するのとそれほど大差はなく、我が子と同じように、社員の意志を尊重し、社員の言ってることを一度は聞き入れようとします。

社員にはどこでもやっていけるように、自立した考えを持ってほしいし納得感のある生き方をしてほしいと願っています。だからこそ相手の立場に立ち、私が用意できる限りの成長の選択肢を選ばせ、行動し経験してもらう。またクリアな経営を務め、正面から真剣に向き合うこと、それに伴って必要な説明責任を果たしたい、といつも考えています。

自立した人材を輩出できる会社にしたいし、絶対にします。

実は私、社長であると同時に7人の子どもの父親でもあるんです。社長と父親、2つの役割をこなしながら日々実感しているのは、子育てと会社の経営って、実は共通点が多いということです。いや、ほとんど一緒でしょうね(笑)。私の社員教育のベースにあるのは、実は子育てなんです。自分の子供たちに接するのとそれほど大差はなく、我が子と同じように、社員の意志を尊重し、社員の言ってることを一度は聞き入れようとします。

社員にはどこでもやっていけるように、自立した考えを持ってほしいし納得感のある生き方をしてほしいと願っています。だからこそ相手の立場に立ち、私が用意できる限りの成長の選択肢を選ばせ、行動し経験してもらう。またクリアな経営を務め、正面から真剣に向き合うこと、それに伴って必要な説明責任を果たしたい、といつも考えています。

自立した人材を輩出できる会社にしたいし、絶対にします。

企業の役割、そして存在価値とは何か。


私のような経営者でも、何とか20年はつぶれずにやってこれました。しかし、ただ長く生きていてもそこに大きな意味はありません。
この会社を用いて、子供たちが生きる未来に何を残せるのかが大事なんだと思っています。
企業の役割とは自分たちのためだけに事業を拡大して利益を伸ばすことではありません。
次世代のためによりよい社会を築いていくことであると、私たちは考えています。そしてその点にこそ企業の存在価値があるのではないでしょうか。

これから私たちが進んでいく道は日本の明るい未来につながっている、それくらいの大きな想いを胸に、スピードリンクジャパンは邁進し続けます。

私のような経営者でも、何とか20年はつぶれずにやってこれました。しかし、ただ長く生きていてもそこに大きな意味はありません。この会社を用いて、子供たちが生きる未来に何を残せるのかが大事なんだと思っています。企業の役割とは自分たちのためだけに事業を拡大して利益を伸ばすことではありません。次世代のためによりよい社会を築いていくことであると、私たちは考えています。そしてその点にこそ企業の存在価値があるのではないでしょうか。

これから私たちが進んでいく道は日本の明るい未来につながっている、それくらいの大きな想いを胸に、スピードリンクジャパンは邁進し続けます。